2017年9月23−24日に愛知県尾張瀬戸で開催された「来る福招き猫まつりin瀬戸」の、日本招き猫倶楽部楽市に参加してきました。

当日東京は雨、大丈夫なのかと新幹線に乗りましたが、ご当地名古屋はよい天気。

ここが会場の文化センターホール。開場前になぜか長蛇の列が。。。

文化センターホール

文化センターホール

楽市って人気がでちゃったの?と思いきや、今年からこのホールが「招き猫メイク」の会場になっていたんですね。舞台でメイクをし、客席で順番を待つ、という。この、わずかな変更ののおかげで、人の流れが変わりました!メイクしない人も「なんだなんだ」と引っ張り込まれたみたいで、例年にない客入りに驚きました。

大型猫札

大型猫札1000円

これは大型猫札。花札柄は唐草模様と合う、ような気がします。

牛革札

牛革新作600円

こちらは牛革に描いたものです。牛革は以前から使っていましたが、カシメを使いたかったので、このような形になりました。ネックレスにしてくれ、との要望もありましたが、サテ、どうでしょう。ちょっとゴツイか。

ここでは東海方面の作家の方々とお話しができるのが楽しみです。常連の方が不参加だったりすると心配になります。毎年元気でここに来られる、というだけで、ありがたいことだと思わなければ。。。